痛ませない様にする

月01人によっては毎日、もしくは2日に1回など、定期的なスパンで髪を洗浄する事でしょうが、髪を洗う際に注意しておきたいのは、なるべく痛ませない様に工夫をする事です。

普段何気なく行なっている事が、実は髪にはあまり良い影響を与えないというケースも中にはあるので、細かくチェックしておく事が大切です。髪に痛みを与える事で、何気なくされている事が多い事としては、髪を洗った後に、濡れた状態の間々「放置」してしまう事です。確かに濡れたまま多少放置しておいた方が、ドライヤーで乾かす時間が短縮されるので、快適ではありますが、この濡れたままの状態は一説によると髪を痛ませてしまう原因になるといわれています。

男性に多い事でしょうが、髪を洗ったり、濡らしたりした後にはしっかりとすぐに乾かす様にしておく事がおすすめです。一見すると濡れたまま放置しておいたほうが保湿されて、髪に潤いが出る様にも思えますが、髪の事を考えるのであれば、早急に乾かす様にしましょう。髪が痛んできたと感じる場合には、トリートメントを行なう事が良いでしょう。市販の物でも効果は得られますが、美容室で行なってもらうと、さらに髪質が向上するので是非一度体験してみてはいかがでしょう。

Comments are closed.